Kis-My-Ft2

8/15「TOKIOカケル」Kis-My-Ft2 玉森裕太 千賀健永 宮田俊哉

こんにちは!元バンギャ現ジャニヲタのひなたです。

8/15のTOKIOカケルにKis-My-Ft2から玉森くん、千賀くん、宮田くんが登場!

ドリボ組ですね。

画像はフジテレビ「TOKIOカケル」からお借りしました。

恒例のジャニーズ年表の整理から。

そして話は玉森くんのキツかった時期の話へ。

玉森くんが一番キツかった時期はやはりHey!Say!JUMPのデビューだそうです。

後輩のバックに先輩がつくのはそりゃあキツいですよね…

しかもその時の映像まで…

あれは辛いなあ。

みんな口には出さなかったけど気持ちは同じだったんじゃないか、って宮田くんが言ってましたが、『裸の時代』で「明日ジャンプのリハだけど行かないよね」って話してたって書いてあったような。

それでもちゃんとリハも行ってバックもやり遂げたのは、今に繋がっているのではないかと思います。

玉森くんは「そこで腐りかけたけど、バネにした」と言っていて、さすがですよね。

 

そしてデビュー後の話へ。

デビュー後は3:4に分かれていたのをそれぞれどう思っていたのか、と。

宮田くんが「何も感じなくはなかったかな…」と濁したのに対し

と本音暴露の千賀くん。

でもこれが4人の本音なんですよね。

「何、3:4て!」って感じだったそうです。

事務所からは「順番だから」と言われてたそうですが、宮田くんいわく「まだ順番回ってきてない」んだそうです笑

と言いつつ、舞祭組でのCDデビューが決まり、そのグループ名を中居くんから聞いたときの千賀くんの心の声

だったそう笑

結果的に「ジャニーズなのにブサイクって笑」っていう世間の反応で、注目されてきたっていう部分はあると思うんです。

これがキラキラな名前だったら、逆に埋もれてたんじゃないかなあ…

千賀くんは「あとからありがたみがわかってきた」と言ってましたね。

最後にキンプリの勢いについて、ヒシヒシと感じているそうで…

と玉森くんが言っていたので、キンプリの2ndシングルを3形態買うのはやめようかな…と心が揺らいだり…

“教えて! 男子の正解”のコーナーはまあ、恋愛観がわかってよかった反面、TOKIOのみなさんがうまくいじってくれたから楽しかっただけで、全編トークでも良かったかな。

他にも千賀くんと城島さんの交友関係がマブダチ並みとか、宮田くんがV6の長野くんと小中同じで、初めて自転車を買ったのは長野サイクルとか…そんな話もありました!

キスマイの番組ではここまでの話は聞けないですし、先輩の番組だからこその話もありましたし、また出てほしいですね。

今回のヲタ支出

\0
※電気代は含みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です